マンガ大好きサブロー日記

甘々と稲妻(雨隠 ギド)でほっこりしながら涙がポロリ

読んできた漫画を紹介

幼い一人娘を残し妻に先立たれた高校教師・犬塚先生が、思わぬきっかけから教え子の飯田小鳥と一緒にご飯を作って娘のつむぎと3人で食べることに。
愛しい娘のために不器用ながらも料理に奮闘する犬塚先生と日々成長するつむぎの天真爛漫な愛らしさや強さ、そして忙しい母を気遣いつつ、寂しさやトラウマを押し隠してキッチンに向かう小鳥、それぞれのキャラクターがたっていて、とても愛着が持てます。

ストーリーの内容はとても日常的で、誰もが「あぁ、そんなこと自分にもあったな」と思うような、懐かしさで胸の奥をキュッとさせてくれるものが多いです。
切なくなって思わず泣いてしまったりする場面も多々あり。
そして不思議なのが、お父さんが一生懸命作った料理を食べた瞬間のつむぎの「美味しい」という満面の笑顔を見ても泣けてしまうこと。
美味しいご飯を食べる、とてもほっこりとして幸せなシーンのはずなのに、なぜか涙ぐんでしまうのは、料理に込められた犬塚先生の娘への深い深い愛情が、料理を口にした瞬間のつむぎの笑顔を始めとした3人それぞれの優しい表情から伝わってくるからなのだと思います。
読んで流れた涙が自分自身を癒してくれる、そんな気がする優しさにあふれた漫画です。
エロ漫画をスマホで無料立ち読みできるので、スマホのマンガもおすすめです。